PROFILE

長野県立松本深志高校、東京芸術大学音楽学部器楽科(ピアノ専攻)を卒業し、ウィーン国立音楽大学、同大学大学院ピアノ演奏家科に在籍し研鑽を積む。同大学にて第1ディプロム取得。これまでに小村真理、江藤玲子、堀江孝子、野村眞理、ミヒャエル・クリストの各氏に師事。


東京芸大卒業試験にて優秀な成績を収め、東京芸術大学同声会新人演奏会に出演。リサイタル・ジョイント活動の他、ミュンヘン室内管弦楽団(指揮:クリストフ・ポッペン氏、共演:杉木峯夫氏)、チェコフィルハーモニー管弦楽団六重奏団、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団・ウィーンフォルクスオーパーのメンバーで構成される「グスタフマーラーカルテット」、オーケストラアンサンブル金沢(指揮:天沼裕子氏・共演:松本和将氏)、ポーランド・シレジアフィルハーモニー管弦楽団(指揮:ヴウァシュチック氏/松本市音楽文化ホール30周年記念コンサート)とソリストとして共演。


また、ピアニスト根岸弥生氏との2台ピアノデュオ“L'ail Kreis(ライル・クライス)”として2010年にユニバーサルミュージックよりCD『L'ail Kreis』でメジャーデビュー。NHK特集番組のテーマ曲を担当し全国放送された他、オーストラリアにおける総合文化フェスティバル「ヌーサ・ロング・ウィークエンド」へ出演した他、全国各地でコンサートを開催。2012年には全国12会場にて合計約2万人の聴衆の前でパフォーマンスし好評を博す。2018年には日光東照宮(客殿)にて「国宝陽明門 平成の大修理 完成記念コンサート」としてデュオ結成10周年ライル・クライスLIVEを開催。


2011年に「松本ピアノ協会」を設立し同協会代表に就任し、全国初となるノージャンルの大規模ピアノ祭「松本ピアノフェスティバル」を企画・開催。これまでにレ・フレール、綾戸智恵、松下奈緒、フジコ・ヘミング、上原彩子、清塚信也、山本貴志、松本和将、藤田真央など日本を代表するアーティストが出演している。


その他、「日本香港国際音楽コンクール」をはじめ国内外のコンクール審査を行うなど、精力的な活動を行っている。


平成22年度、松本市文化芸術表彰奨励賞受賞

令和元年、特別優秀指導者賞受賞(第9回ヨーロッパ国際ピアノコンクールin Japan)

令和3年、優秀指導者賞受賞(第30回日本クラシック音楽コンクール)

令和3年、最優秀指導者賞受賞(第11回ヨーロッパ国際ピアノコンクールin Japan)


松本市音楽文化ホール運営委員会委員長(2018年)

松本市芸術文化振興財団評議員(2021年〜)